maitake16.cocolog-nifty.com > 名古屋おもてなし武将隊2014(2)

2014年度のはじまり、はじまり~♪

みーてーるーぞー

みーてーるーぞー

2014年4月 5日 (土)

演目「一番槍」のワンシーン。緩急あるからシリアス部分が成り立つのはわかりますよ、わかりますが、なんで顔芸になるの(笑)


想いはどこへ

想いはどこへ

2014年4月 5日 (土)

同じく演目「一番槍」のワンシーン。旗の色を決めろと言われ返事をし、それに反応した清正様が発した一言に対する利家様の表情。
目線一つ、眉一つ動かすだけで、心の内が見え隠れする。


行く先は

行く先は

2014年4月 5日 (土)

パパイヤダンスのこの瞬間は、カメラに収めたくなる瞬間。本当はもう少し腕が降りているところが一番好きなんですが。
指先にまで想いをこめて。


拍手が好きじゃ

拍手が好きじゃ

2014年4月 5日 (土)

ドセンターに立ち、客の拍手を浴びる慶次様。こういうことがどんどんできるようになってます。だから応援したくなる。


線

2014年4月 5日 (土)

まぶしいのですね、わかります(笑)


何を思う

何を思う

2014年4月 5日 (土)

口上で足軽を討った直後の慶次様。なんだかつらそうに見えるのは気のせいじゃない。


長老

長老

2014年4月 5日 (土)

とうとう足軽界の長老となった亀ちゃん。一つ階段を上るたびに男をあげています。
苦しさ・辛さを乗り越えて、大きくなっていく亀吉さんを見ることが幸せの一つでもあります。


武の男たち

武の男たち

2014年4月 5日 (土)

羽柴側についてほしい清正様、それがわかっていての決断をする利家様。
二人の表情がそんな想像をかきたてる。


「・・・ですかな?」

「・・・ですかな?」

2014年4月 5日 (土)

なんかそう言っているように見える一枚。
似たような言葉は言ってても、実際そう言っているわけじゃないんですけどね。
ちょっと悪代官のようにも見える(笑)


今と昔

今と昔

2014年4月 5日 (土)

演目「一番槍」より。出仕停止の期間を経て思うことがある、という時の利家様。
当時のことを思い出しているのでしょうか・・・。


咆哮

咆哮

2014年4月 5日 (土)

「一番槍」は大大名としての前田利家を感じる演目です。
戦にでるときの心構えを諭した後、自分の生き様を自分に言い聞かせるかのように叫ぶ瞬間は、観ている側が息をのむ瞬間でもあります。


天

2014年4月 5日 (土)

咆哮の直後。利家様は何を想うのでしょうか。


凸凹

凸凹

2014年4月 5日 (土)

なんかね、これ好きなんですよ。同じ凸凹コンビでも亀ちゃんがちゃんと年上に見えるっていうか(笑)


美人=美男子

美人=美男子

2014年4月 5日 (土)

亀ちゃんは美人さん、っていうのが名古屋家臣の通説ではありますが、美人っていっても決して女性っぽいわけじゃないんですよね。
綺麗なんだけど男性なんだなあって時々急に実感したりします。


チューニング

チューニング

2014年4月 5日 (土)

ギターのチューニング中です。ええ、ギターです。
この槍、実は熊城隊の清正様(通称ひごまさ)の槍。まず名古屋の清正様(通称なごまさ)がご自分の槍でギターもどきをしたんです。そこを利家様につっこまれ。
そしたらひごまさ殿がさりげなく自分の槍を渡して。んで、この写真の図になったというわけです。
さすが同一人物(笑)


赤い二人

赤い二人

2014年4月 5日 (土)

赤備えは猛将。・・・じゃなかったっけ?
二人してやること可愛らしすぎて!!


赤い二人2

赤い二人2

2014年4月 5日 (土)

だから赤備えは猛将・・・だったはずなのよ!


赤い二人3

赤い二人3

2014年4月 5日 (土)

だから赤備えは猛将・・・まあいっか。かわいいから。
この写真見ると儀太夫さんが弟で、慶次様がお兄ちゃんって感じ。


なんていうか

なんていうか

2014年4月 5日 (土)

自分以外全員ボケという状況は大変ですね、利家様(-_-;
あらためてツッコミ担当、ごくろうさまですw


 

 

2014年4月 5日 (土)

こういう顔もかわいいと思ってしまうのだよなあ。なんか悔しい


悪いカオ

悪いカオ

2014年4月 5日 (土)

亀ちゃんのこういう顔・・・。イケてるでしょ?(≧m≦)プククク


珍

2014年4月 6日 (日)


太閤茶会に登場したときの一コマ。こういう登場の仕方ってなかなかないので貴重なショットでもあります。
位置が逆だったらよかったのに。


挟まれる

挟まれる

2014年4月 6日 (日)


二人の清正様に挟まれる秀吉様。しかも右の清正様にはボケかまされてる。
「近づきすぎじゃ!」って。
えっと、潔癖症ってなんだっけ?(笑)


甲冑

甲冑

2014年4月 6日 (日)


この兜、清正様に合ってますよね?なんで黒にょーんが似合うんだろう?
見慣れてるからなのかなあ?
ひごまさ殿も合うんだよなあ。。。


nice♪

nice♪

2014年4月 6日 (日)

いかつい表情なのに、持っているボードには「ごぼう」(≧m≦)


もしかして

もしかして

2014年4月 6日 (日)


姪っ子とかには超甘々なおじちゃん、になったりするのかな?
それはそれで見てみたい♪


似合うよね

似合うよね

2014年4月 6日 (日)


やっぱり二人とも黒にょーんが似合う。なぜ?
ひょっとすると日本人って長兜が似合うもんなのか?


マイクの持ち方

マイクの持ち方

2014年4月 6日 (日)


秀吉様もマイクの持ち方がおかしい。
子飼いに似るもんなの?(笑)


かわいい♪

かわいい♪

2014年4月 6日 (日)

首のかしげ方とか、傾きとか、むにょんとしたほっぺたとか、口の開き具合とか、とにかくかわいい。
あ、この半襟好きな色だ。


大集合

大集合

2014年4月 6日 (日)


名古屋おもてなし武将隊に熊本城おもてなし武将隊、あいち戦国姫隊、そして清洲城から権六殿こと柴田勝家様。
すわっ、賤ヶ岳の戦い、再び!?
・・・ということもなく、秀吉様がちょっとおどおどする小ボケを挟みながらもなごやかに写真撮影タイム。
10数えて、の間に
清「10、9、8、7、6、」
江「ごぅ!」(注:お“ごう”ちゃん)
清「!? 4、3、2・・・」
市「いちぃ~♪」(注:お“いち”様)
柴「・・・なんかわしら親子、めんどくさくなっとらんか!?」
おもしろかったからよいです(笑)


武士

武士

2014年4月 6日 (日)


中村公園記念館前に、周囲の歴史を紹介する案内板が設置されました。
その除幕式に市長とともに武将隊も参列。こういう時は皆様もちろん神妙な顔で立たれております。
中でも清正様の顔つきは素敵なんです。
アップバージョンのほうがよかったかしら・・・。


溢れる心

溢れる心

2014年4月 6日 (日)

武将隊結成時からずっと陣笠隊をひっぱってきた立三さんが出立。先輩であり仲間であり、なにかと頼りにしていた立兄がいなくなってしまうことで、一番いろいろな想いを抱いているだろうことは容易に想像できます。

この日は陣笠が亀ちゃん一人だけ。それでも立派にやりきりました。
というかですね、あえて亀ちゃんを城に残したのだろうと思います。
陣営も隊のみんなも、彼ならやれる、任せられるってわかってるから。


桜と武将

桜と武将

2014年4月 6日 (日)


この人、誰・・・?なにこのカッコイイ人!!!
慶次様、どんどんいい男になっていくなあ。


ぱくる

ぱくる

2014年4月 6日 (日)


「秀吉様、わしー、いいこと思いつきました!」
「なんじゃ?」
「この後・・・写真撮影とかどうですか!?」
ちょ、それ、それ前日に島津様が言ったやつーーーっ!!
丸ぱくりやないかぃっ!
一枚前で褒めたばかりなのに!(笑)


男

2014年4月 6日 (日)


秀吉様の男っぷりもすごいですよ。
最初の頃は「かわいい」が秀吉様の形容詞でした。今ももちろんその通りなんですが。
でも日を追うごとに表情の中に「男」が出てくるように。


何を想う

何を想う

2014年4月 6日 (日)


腕の紐の部分から指を突っ込んで中の着物を直しているんですよ、これ。
でも表情が物憂げなんですよ。なんで?
ずっとこんな顔して指をつっこんでいる、というアンマッチ。がツボった。


照れる

照れる

2014年4月 6日 (日)


烏帽子がぐちゃぐちゃになっとる、と直してあげようとする秀吉様。
ほんと、秀吉様にはやられっぱなしになりますね、素直に。ほかの人にはそんな態度しないのに(笑)
秀吉様がフレンドリーなんだろうな。


照れっテレ

照れっテレ

2014年4月 6日 (日)


もうこの辺りは連写ですよ!連写しないともったいない!って思ったもん!!
なんとも照れくさそうな清正様の表情がたまらんっ♪(´∀`*)
でもって秀吉様の表情が、本当に父親のような感じで・・・豊家ェ・・・


まぶしいのかゴミが入ったのか

まぶしいのかゴミが入ったのか

2014年4月 6日 (日)


なぜか座談中に目をつむったまま話し出した秀吉様。
唇をつまみたくなりますね、これ。


お邪魔します

お邪魔します

2014年4月 6日 (日)


そんな殿下にちゃちゃいれる慶次様。・・・が楽しそうで楽しそうで。
扇子を秀吉様の前に差し出しては戻し、差し出しては戻し。何回も繰り返しては大笑い。
かわいいよねぇ、この人たち武将なんだぜ(笑)